*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インタビュー
(今回は備忘録を兼ねの日記なので長文で読み辛いです..m(__)m)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いきなりですが..

先週末、ラボテクニシャンのお仕事のインタビュー(面接)を受けるべく
UTsouthwesternのnorthキャンパスに行ってまいりました。
486850354_25ad1756ed.jpg
ぺい氏と別のラボで棟も違います。ぺい氏が居るsouthキャンパスよりも
かなり綺麗。。



というのも、UTのあるラボで働かれている方が
「ボスがマウスの手術経験ありのラボテクニシャンを探しているのですが、どうですか?」
と、と声をかけて下さいまして(動物を使っての実験系でした)。


応募するにあたり、久々に悩みました。



カード


惹かれる点
・やはり収入ほしい。いや~、、ほしい。
・ポスドクさんと異なり、定時できっかり終われる。
・実験内容が、(テクニシャンするなら)したかった事どんぴしゃ。
 (メインは脳へのカニュレーション/インジェクションとのこと。あまり期間をあけるとコツ等忘れてしまいそうなので出来るなら感覚維持のため行いたかった。)
・英会話 improve (せっぱつまったら頑張らざるを得ないし、呑気な自分にいい喝を与えられそう)


ためらわれる点
・シャチョーをデイケアに預けることで付随してくる心配事が数点。
 *親と離れること自体は問題視していませんが(仕事は平日8時間位なのでちゃんとお家で愛情を伝えコニュニケーションをとればきっと無問題。むしろ寂しいのは親かも。)、私の欲として
 →・もう少し、ゆっくり余裕を持って成長をみたい。 あと、
 →・言語の問題(まだ日本語の基板もなにも出来てない頃から預けると、大分親が徹底して頑張らない限り、日本語が話せなくなる可能性が高い。)
 →・食事の管理(こちらのど甘いオヤツ等なるべく避けたい)。


etc.. と悩みましたが

色々考えた結果、せっかく頂いたお話。

赤ちゃんがいることも了承頂き、且つ10月からでもOKと返事頂けたので


シャチョーが物心つく頃、さみしい思いをさせないためにも
より好条件で働かせてもらえるようになるべくキャリアをつまねば(テクニシャンは年数で待遇が異なる。場所が変わってもそれは経歴として維持できる。)..

と考え、応募させてもらいました。


そして

はじめてのインタビュー。

がん系の研究をしておられるラボで
インド人の方が多かったです。



「気軽にどうぞ」と言われたものの
思っていた以上にかっちりで結構気疲れしました。

慣れない英語。聞き漏らすまいと、乾き気味の脳みそをしぼりつつ..


研究員の方、そしてボス、ラボマネージャーの方等
数人の方とお話しました。


ボスは英国育ちのインド人。


CV(履歴書)を見ながら、院での研究内容や、得意な手技etc..質問されました。

最後、

「器用な方か?」と聞かれ、

とっさに
正直に「いいえ」と言いそうになりましたが
ここはアメリカ、ネガティブなことは不利になりかねないので

「そう。 だと思います、。」と答えました(すみませんと心の中で誰かに謝りつつ笑)。

続いて

「手術は好き? 俺は好きだ。」

と言われ(TDK先生を思い出しました)、
一瞬色んな意味でとまどいましたが

「私も好きです!!」と元気よく答えちゃいました(イェッサ-!的な語調で)

(ちなみに少し話がそれますが、、実験のための手術・手技に興味はありますが、実験動物を大事に扱わない実験者は好きではありません。 如何に痛くなく行うか、上手く麻酔は効いてるか等動物へのストレスは最小限に抑えられるように。そういう意味で技術向上に励むことは好きです。何年たってもその初心と動物への畏敬の念は忘れずにいたいしいるべきだと思います。)
..と当たり前のことかも知れませんが、やはり慣れは人を鈍くさせてしまうので自分への戒めも込めてf^^;



あと、最懸念事項?として 英語がショボ×2なことを伝えたら(会話でばればれですが念を..)
「ここのラボは英語が第二言語の人ばかりだし、働いてく内に慣れるから気にしなくていい。Take it easy !」と仰ってくれたのでちょっと心軽くなりました。


こちらからは以下のことを質問しました。

・authorization(労働許可証)の手配はラボで行ってもらえるか(個人で申請すると$300位かかります。)
・赤ちゃんがいるが、発熱等万一の場合は時間の融通が利くか

返事は両方共 Yes で さらにビザもH(労働)ビザを発行してもらえるとのこと。
(J-2より、Hの方が手取りのお給料が高い!)


なんとかボスとの面接を終え、るんるん気分でいたところ..

次に実験内容を把握するラボマネージャーの方とお話しすることになりました。


で、まず自己紹介で


「今5ヶ月のBabyがいます」と伝えたら


「え?」


と驚いた反応をされ、


私も思わず

「え?」 と。。



どうやら説明してもらうと..

採用してもらう場合、私が担当するらしい実験は時間の融通が利きにくい
(ある腫瘍細胞を投与するらしいのですが、そのサンプルがあがってくるのが、時に朝5時になったり夕方だったりと一定ではない)らしく
赤ちゃんがいる場合、お迎え等間に合う保証がない。


(聞き間違いかと思って二度も説明し直してもらいました..)


どうやら、ラボマネージャーまで赤ちゃんがいる旨は届いてなかったそうで
(紹介下さった方も、実験スケジュールの詳細までご存知ではなく定時のお仕事と思われていた)


ありゃりゃりゃ..... これは厳しい.. 。

と状況は一転し、


なんか無理そうだなぁ、、という感じのまま
一応 ビザ申請の手続き等ペーパーワークをしてくれる女性を紹介してもらい、一応採用してもらえる場合の手続きについて聞き、その日は帰りました。


で、週明けお返事頂いたのですが

やはり「実験の内容的に時間の融通が利きにくいため赤ちゃんのケアの保証が出来兼ねない」ということで
今回のお話は流れました。

でも、ラボでCV(履歴書&可能な実験の手技や携わった論文等をのせた自己紹介書)をkeepし、また定時で内容的にフィットしそうなお仕事が出来たら声をかけて下さることになりました。


意を決してのことだったので残念ではありますが、その反面「もう少しシャチョーをゆっくり見れる」と正直
ほっとしたとこもありなんとも複雑な心境ではありますが..


結果として、

こうして色々考える機会をもらい勉強にもなりましたし(応募に際して何が必要か等)、英語勉強のモチベーションupにも繋がり、とてもよい経験をさせて頂きました。

またもうしばらく育児に専念できる有り難さを改めて感じました。

お話を下さった◯◯◯先生、推薦状を書いてくださった先生に心から感謝です。
(応募にはCVと推薦状が2通必要でした。 )



ありがとうございました。
















スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

harukaco

Author:harukaco
大阪生まれ。
大学以降は殆どを京都で過ごし、09年6月からダラスで新生活はじめました Harukaco(社員1)と
UTでポスドクしてるぺい氏(社員2)
そして
'10年1月生まれのシャチョー(♀)
'12年3月生まれのQスケ(♂)
との日々を備忘録がてらつらつら綴ってます。
よく知ってくれている人もはじめましての方もよろしくお願いします*

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
国産小麦シリーズ「たいやき」さん
ブロとも一覧

douce

生き生き・・★HAPPY LIFE★
ブロとも一覧

douce

生き生き・・★HAPPY LIFE★
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。